遺産分割協議が調わない場合は、各共同相続人は家庭裁判所に調停を申し立てることができます。

遺産分割に関しては、いきなり訴訟提起はできず、前段階として調停を行わなければいけないことになっています。

これを、調停前置主義といいます。

調停の申立には、相続人や被相続人の戸籍や財産状況を証する書面などが必要です。

収入印紙や切手など、数千円程度の費用で申立ができます。