相続放棄した者は、最初から相続人ではなかったとみなされます。

ですから、その者の子や孫は代襲相続することができません。

これに対して、相続人が死亡、相続廃除、相続欠格である場合には、相続人であったことに変わりはないため、代襲相続が行われます。

なお、相続放棄があった場合は、相続順位と相続人が変わってきますので注意が必要です。