複数の遺言書がある場合、全ての遺言書が有効です。

しかし、それぞれの遺言書の内容に矛盾がある場合には、日付の新しいものが有効になります。

自筆証書遺言と公正証書遺言で、効力に差はありません。

これらについても、判断は日付が新しいかどうか、で決まります。

ですから、遺言を書き直したり、訂正したりする場合には、前の遺言と抵触して紛らわしくなることがありますので、前の遺言を破棄するなどの配慮が必要です。