まず、相続放棄は、被相続人の死亡後に、各相続人が遺産の一切を承継しないという意思表示の下、家庭裁判所に請求して行います。

相続放棄が認められると、当該相続人は初めから相続人ではなかったものとされ、後順位の者が相続人になるなど、相続関係に影響を及ぼします。

ですから、相続放棄は相続開始後にしかできません。

 

これに対して、遺留分放棄は被相続人の生前に行うことができます

例えば、後継者に事業を承継させたいケースで、遺留分権利者に生前贈与をする代わりに、遺留分を放棄してもらうケースなどがあります。

相続開始後に遺留分の主張があると困るケースなどで、利用されます。

遺留分の放棄も、家庭裁判所に請求して許可を得る必要があります。

なお、遺留分を放棄しても相続関係には影響しません。