デジカメやスマホ、ビデオカメラが一般家庭に普及しています。

簡単に遺言内容を動画で残せる時代ですが、遺言の要件である署名押印ができません。

さらなる技術の発展によって、画面内に署名押印を電子でする未来が来るかもしれませんが、今のところは認められていません。

そのため、遺言は紙に残してください。

ただし、紙の遺言とは別に、動画で意思表示をしておけば、周囲が故人の意思を汲み取り、遺産分割内容に納得しやすくなります。