遺言執行者は、相続財産の管理や遺言執行に必要な一切の権利義務を有しています。

遺言内容の実現については、他の相続人の承諾なしに、金融機関などで手続を行えます。

例えば、貯金通帳の払い戻しや名義変更は、通常であれば相続人全員の署名押印と印鑑証明書の添付が必要ですが、遺言執行者は遺言書に基づいて単独で手続できます。

法的には相続人全員の代理人とみなされています。

相続人が多数おり、遠方に点在していて連絡等を取り合うことが難しい場合などでは、遺言執行者を定めておいたほうが相続手続が簡易にできるでしょう。