相続人の数が多く、代襲相続などがあると、連絡が取れなかったり、住所がわからなかったりすることがあります。

まずは戸籍調査で相続人を特定していくのですが、それでも住所が判明しない場合は、戸籍の附票を取得されてみるとよいでしょう。

ただし、戸籍の附票にも住所がない場合は、市町村長が住所を消除している可能性があります。

そうなると、調査のしようがありません。

その旨を理由として、不在者財産管理人の選任等の手続に移行してください。