住宅を相続した場合に、住宅ローンが完済していない場合があります。

単純相続では債務も承継しますので、相続人は原則として住宅ローンも承継します。

住宅ローンの承継については、相続人の資力や返済見込等を考慮する必要がありますので、金融機関の担当者に相談して返済計画を立てます。

住宅ローンを承継したくない場合には、限定承認や相続放棄をする方法があります。

 

また、被相続人が団体信用生命保険に加入していた場合には、死亡とともにローンが完済されていますので、債務は消滅します。

最近では、ほとんどのケースで団体信用生命保険に加入しています。