相続が開始すると、既に自己の相続分は承継されていることになります。

相続放棄や限定承認をしていない限り、遺産について債権も債務も承継していることになります。

そのため、遺留分を請求する権利もすでに発生しています。

この場合の遺留分放棄については、特に定めはありません。

遺産分割協議の場で遺留分放棄をする旨の主張をしてもいいし、遺留分侵害をしている他の相続人等に意思表示をするだけでもかまいません。

消極的な意思表示としては、遺留分侵害されているのを知りながら、放っておくと1年で時効になります。