長男夫婦が同居して、両親の家業を手伝った場合などに問題になります。

たしかに、長年家業を手伝ってきた功績から、寄与分を認めてあげたくなります。

夫である長男が既に亡くなっていて、寄与分がもらえないケースなどでは、なおさらでしょう。

しかし、法は共同相続人中にのみ、寄与分を認めています。

したがって、学説上はいろいろと争いがあるのですが、寄与分は相続人でなければ認められません。

生前贈与等、他の対策を取るべきでしょう。