債務も遺産ですので、相続人各自が相続分に応じて相続して負担します。

ただし、実際の相続においては、不動産を相続した者がローン債務も一緒に負担するのが一般的です。

なお、住宅ローンであれば、本人死亡時のために生命保険の加入を条件づけて、死亡と同時に債務が生命保険で完済となるものがあります。

また、不動産自体を売却してローンを返済して、金銭に換えて遺産分割するケースも多いです。

当該不動産を相続しても活用する予定がない場合です。