相続開始後、不動産の名義を被相続人のままにしていたり、共有で所有している土地などで価値が低い場合は、登記費用等のほうが高くなることもありますので放っておいている方も多いでしょう。

本来ならば、相続が開始したら所有権は相続人に移っていますので、登記を行うべきです。

相続人全員での共有登記については、相続人の一人が単独で登記を行うこともできますし、遺言執行者も遺言書があればできます。

もちろん、遺産分割協議書を作成して、登記に臨む方法も一般的です。