相続人の1人が、遺産分割協議に基づく債務を履行しない場合です。

原則として、遺産分割協議は債務不履行による解除はできません。

調停や訴訟などの方法で、債務の履行を求めていくことになります。

ただし、共同相続人全員が合意すれば、遺産分割協議を解除した上、改めて遺産分割協議をすることはできます。