死因贈与は、受け取る人の承諾が必要な契約です。

対して、遺贈は被相続人の一方的法律行為です。

双方とも、かかる税金は相続税です。

ちなみに、生前贈与は贈与税ですので、税率は相続税のほうが低いのでメリットがあります。

契約である死因贈与は、一旦契約すると、贈与者に意思によっても自由に取り消しや変更はできません

遺贈は遺言で行いますので、自由に書き換えや撤回ができる点が、大きな違いでしょう。