遺産分割協議がまとまらない時は、調停を申し立てて、家庭裁判所での話し合いで解決を試みるのが一般的です。

が、調停が不成立で終わった場合には、審判手続に移行します。

調停と審判の違いは、調停は当事者同士の話し合いですが、審判は家庭裁判所の裁判官が分割案を下します。

また、分割禁止の判断をすることもあります。

ただし、当事者が裁判官の審判に対して不服であれば、最終的には訴訟における解決に移行します。