相続人や利害関係人であれば、遺言執行者の解任を家庭裁判所に請求できます。

ただし、漠然とした理由ではできず、任務の懈怠がある場合や、遺言執行者に悪意があり遺言内容を実現しない可能性があるなどの正当な理由が必要です。

家庭裁判所に申立後、家庭裁判所が遺言執行者の意見陳述を行い、解任事由の有無を判断します。

こうならないために、遺言執行者を選任する際には、信用できる人を選んでおくべきでしょう。