使用貸借とは、無償で土地を貸す契約のことです。

仰る通り、借主に対して贈与税の課税関係は生じません。

 

例えば、子供が父親から土地を無償で借りて自宅を建築した場合などは、たとえ土地の価格が高額であっても、子供に対して贈与税の課税はありません。

贈与税の節税の観点からは、有効に利用できそうです。

 

しかし、父親の所有権のまま子供が相続すると、相続税は課税されます。

また、上記の例で相続が開始した場合に子供の兄弟がいると、自宅の土地を分割や売却しなければならなくなる可能性があります。

そのため、使用貸借を利用する場合には、後の相続関係を考慮して行う必要があります。