交通事故など、何らかの事故で被相続人がお亡くなりになった場合、加害者に対する損害賠償請求権も相続財産になります。

損害賠償請求権を金額に算定して遺産分割協議を行うことになりますが、損害賠償額を算出するのは複雑です。

また、加害者や交通事故であれば相手方保険会社と損害賠償額について交渉するのに、かなりの時間を要しますし、下手をすれば訴訟にまで発展します。

遺産分割協議がなかなかできない状況になる可能性があります。

この場合は、損害賠償請求権以外の相続財産を一部分割という形で遺産分割協議を行い、損害賠償額が確定した段階で全ての遺産分割協議を完了するという方法が取れます。

または、損害賠償額については、相続人各自の割合を決めておけば、最終的に金額が確定した際には割合に応じて分割できます。