相続が開始すると、不動産は相続人全員の共有となります。

所有権移転の共有登記をすることになります。

この登記は、相続人の1人が単独で行えます。

 

遺産分割協議が成立した後は、当該不動産を相続した者の名義に変えます。

ただし、登記の簡素化に観点から、共有登記を経ずに、相続した者に登記することが認められています。