相続税の節税は、財産の評価価値を減らすことです。

生前贈与を計画的に行い、土地に賃貸建物を建てて評価を下げるなどの対策が一般的です。

会社を設立して、資産を所有する方法もあります。

いずれにしても、相続税を減らすのが目的になり過ぎてはいけません。

相続人たちが円満に相続できる方法を模索することが、一番です。