平成27年度から、相続税の基礎控除が改正されました。

従来は、5000万円+法定相続人の数×1000万円でしたが、

改正後は、3000万円+法定相続人の数×600万円になりました。

 

例えば、相続人が妻と子の場合は、

従来は、5000万円+2×1000万円=7000万円の基礎控除でしたが、

改正後は、3000万円+2×600万円=4200万円の基礎控除になりました。

2800万円も基礎控除が減額されています。

 

相続税の負担増が予想されますので、早い内からの対策が必要になっています。