胎児も、すでに生まれたものとみなされて、相続人となります。

そのため、被相続人死亡時に配偶者が妊娠して胎児がいた場合、胎児は相続人とみなされます。

ただし、死産した場合には、相続権はありません。

配偶者以外に胎児がいる場合は、認知されなければ相続人にはなれません。

何か危急の際には、遺言書を作成して認知してもらう方法があります。