例えば、相続人が母親と未成年の子供だけとします。

遺産分割協議は母と子で行うことになりますが、母と子の利害関係が対立していますので、母が子の法定代理人として協議を行うことはできません。

これを許すと、母親の有利な遺産分割を成立させてしまう可能性があるからです。

この場合は、未成年者に特別代理人を付けて、遺産分割協議を行います。

特別代理人は、家庭裁判所に選任を申し立てて選んでもらいます。