被相続人の生前に、特別に財産をもらうことが特別受益です。

遺言に記載して財産を与える遺贈も、特別受益になります。

特別受益の種類は、

  1. 婚姻、または養子縁組のために受けた贈与
  2. 生計資金として受けた贈与
  3. 遺贈

の3つになります。

特別受益は尊重されますが、遺留分を侵害する場合は、遺留分減殺請求を受ける恐れがあります。