特別受益は、被相続人から生前贈与や遺贈を受けた場合をいいます。

特別受益となる財産としては、

  1. 婚姻・養子縁組のための贈与
  2. 生計資本としての贈与
  3. 死亡退職金と生命保険等

が代表的です。

1については、持参金などが該当しますが、結納金や挙式費用は該当しません。

2は住居の新築資金や大学の学費などです。

3についても説明の必要はないでしょう。