株主総会の特別決議とは、議決権行使できる株主の議決権の過半数を有する株主が出席(定足数といいます。定款で変更可)し、その議決権の3分の2以上(変更可)の多数でもって行う決議です。

特別決議は、定款の変更、事業譲渡、株式交換・移転、役員の解任などの重要事項を扱います。

 

事業承継の際に、この特別決議が単独で行える議決権を後継者に継承させると、経営が安定すると言われています。