贈与税は自己申告しなければいけません。

毎年、110万まで(平成28年時点)までは申告不要ですが、特例などを利用しない限り、超えた部分については申告が必要です。

期間は、1月1日~12月31日の1年間に贈与した財産の合計額で考えます。

贈与により財産を取得したら、翌年の2月1日~3月15日(平成28年時点)の間が申告期限になっています。

申告が遅れますと、加算や延滞税がかかることがありますので、注意が必要です。

贈与がどうして税務署に見つかるのかわかりませんが、申告しないでいると、税務署から納税督促があります。