金融機関の対応

裁判所の出した判例によって金融機関の対応は変化します。

以前は預貯金等は相続開始後は各相続人に帰属するとされ、金融機関は各人が請求するとその人の分のみを払い戻してくれるようになっていました。

しかし最近、預貯金等が遺産分割の対象になるとの判例が出ましたので、今後の相続手続に影響があると考えられます。

今のところ、問題になる案件を扱っていませんので何とも言えませんが、相続争いを避けるための遺言の重要性が増してくると思われます。

生命保険など他の相続対策も使って、自身の相続を上手くコーディネートすることが肝心です。