多くの方が、自分の家庭は相続争いとは無縁だと考えているものですが、遺産分割に関する争いは確実に増えていると思います。

家庭裁判所に調停や審判の申立があった件数でも、平成10年頃は1万件程度であったのが、平成25年は1万5千件を超えています。

調停等を申し立てるのは、当事者間でどうしても決着がつかないケースですから、それ以前の争いはさらに多いのが現状です。

また、財産の多寡に関わらずに、争いは起きます。

遺産争いの約75%は、課税財産額5千万以下で起きているため、一部の大金持ちのことではありません。

自分の家庭でも起き得ると考えて、対策を取られると良いと思います。