物納による相続税額は、物納財産の引き渡しや所有権の移転登記など、第三者に対する対抗要件を満たしたときに納付があったとみなされます。

物納財産の収納価額は、相続開始時の相続税評価額です。

ただし、小規模宅地等の減額特例の適用が受けられる宅地については、特例減額後の価額となります。

なお、物納については譲渡所得税はかかりません。

しかし、土地・建物等の相続財産を物納した場合、超過物納部分については譲渡所得税の課税対象になります。