代襲相続は、本来の相続人が死亡などで相続権がなくなった場合に、その子や孫が代わって相続人になることです。

相続人死亡の他、相続廃除、相続欠格の場合も代襲されますが、相続放棄の場合は代襲はありません

なぜなら、相続放棄は、初めから相続人でなかったことになるためです。

なお、兄弟姉妹にも代襲相続はありますが、その子(被相続人から見ておい・めい)までしか代襲されません。