預貯金などの金銭は、相続が開始したら、法律上は遺言書がなければ法定相続分通りに各相続人に帰属します。

これまで金融機関は、上記の法律上の解釈があっても、個別に各相続人が払い戻しを請求するのを嫌がりました。

後のトラブルを防止するために、共同相続人全員の署名押印などを手続の際に要求してくるのが一般的でした。

 

しかし、最近、相続人個別の払い戻し請求に応じる金融機関が増えています

以前はなかなか押印してくれない共同相続人がいる場合に手続が進まないなどの弊害がありましたので、良い流れだと感じています。