任意後見契約を結んだが、後見人候補者を変えたい時があると思います。

契約を締結してから後見が開始するまでの期間が長いなどの事情があれば、本人と受任者の信頼関係が保てないのも無理はありません。

 

任意後見人を変更したい場合は、当事者間の合意で勝手に終了するのではなく、任意後見監督人申立前であれば、任意後見契約を解除し後見登記を抹消する必要があります。

契約締結時と同様、公証役場の公証人に依頼します。

解除後、新たに任意後見契約を新しい候補者と締結して、変更できます。

 

任意後見監督人申立後の場合は、家庭裁判所の許可が必要です。

そのため、家庭裁判所への申立を行います。