相続放棄については、放棄した者は、初めから相続人ではなかったとみなされます。

そのため、放棄した者に子や孫がいたとしても、代襲相続することはできません。

しかし、相続欠格や相続廃除の場合は、代襲相続ができます。

相続放棄は、放棄後の相続関係が変わります。

自分は相続人ではないと思っている者が、債務を負ってしまうような場合もあるので配慮が必要になります。