昨年来から実施が予想された法定相続情報証明制度が、5月下旬からスタートする見通しです。

この制度は相続人の負担を軽減するため、相続関係の戸籍を一度集めて法務局に提出すると、以降は法務局が証明書を発行してくれて、その証明書で各金融機関などでの手続ができるものです。

これまでは各窓口に戸籍一式を提出して手続を行っていましたので、かなり手続が楽になる気がします。

当事務所も現在何件かの相続手続を進行中ですが、今後受任する案件については状況次第では証明書発行を利用するかもしれません。