お1人暮らしで相続人のいない方が、自分亡き後に自宅等の不動産を寄付したいとのご相談が多くなっています。

自治体や公益法人等に寄付して、社会に貢献したいと思われるのです。

上記の場合、自治体によっては一定規模の土地等は引き受けてくれますが、利用が難しかったり、建物の取り壊しや宅地造成に多額の費用が必要だったりする不動産は、断られるケースのほうが多いです。

そのため、寄付の希望があるときは、事前に受け入れ先との交渉が欠かせません。