判断能力の低下と遺言能力

高齢者で疾病に罹患した方やご家族から、遺言作成のご相談が増えています。

その中でも、認知症や脳梗塞で一時的に判断能力が低下したけれども、ある程度の判断能力が回復したケースがあります。

明らかに無理だと思われるケースもあれば、非常に微妙なケースもあります。

そのような場合は、やはり自筆証書遺言では危なく、後からトラブルになることが予想されますので公正証書遺言にしたほうが無難です。

しかも、公証人や主治医と十分に話し合って書面作成に臨みます。

それでも紛争になる可能性は否めませんが、証拠を固めておいて防げる紛争も多いものです。