最近、ちょくちょくあるのが、遺言書を故人が認め、遺言執行人を同居の親族などにしているケースのご相談です。

遺言執行人は相続人全員の代理人ですから、預貯金の名義変更や不動産処分などの手続をする権限があります。

法的には何ら問題はありませんが、残りの相続人の感情が収まらないのです。

遺言者が真の意思で執行人を選任したのか、選任したとしても何か吹き込まれたのではないかなど、故人の生前は仲が良かった親族間がギクシャクします。

ケースにもよりますが、遺言執行人は専門家を選任するほうがトラブルは少なくなると思います。