少し前に、遺贈された側からあったご相談です。

家族で話し合って、遺言を認めてもらったのに、遺言者が遺贈の対象となっていた財産を無断で処分してしまったというのです。

遺贈されることを期待していた方からすれば、残念な気持ちになるかもしれません。

 

しかし、遺言者の自分の財産の処分ですから、自由に行えます。

当該遺贈については、無効となります。

遺贈は一方的意思表示ですので、受贈者としては何も主張できません。

 

けっこう大きな額だったので収まりがつかなかったようですが、やはり他人からの遺贈を期待して生活するものではありません。