先日あったご相談です。

私は身内に障害者がおり、以前、障害者関係の職場に勤務していたのもあり、親なき後問題についてご相談をお受けすることが多いです。

中でも、わが子のために財産を多く残したいと仰る親御さんは多いものです。

 

その際には、まず遺言書作成をサポートします。

きちんと公正証書遺言を作成して、相続争いを予防するようにします。

財産が多く相続税が掛かる可能性がある場合には、生前贈与や生命保険活用も組み合わせて、相続対策を提案します。

親御さんが元気なうちに準備を始めてくだされば、何らかの対策は取ることができるものです。

 

他にも、任意後見契約や付随する委任契約なども使って親御さんの終活全般を支援することが、障害のあるお子様の将来をより良いものに変えると信じています。

早めの準備が大切です。