相続開始後に遺産の調査をして、遺産を確定するのが一般的です。

その際、遺産の範囲について、よく争いが起きます。

特に、動産など名義がはっきりしないものや、借金など債務の存在です。

絵画や骨とう品、貴金属などは所有者の名義がないため、故人のものなのか、家族のなのかで話し合いがつかないこともあります。

借用書のない借金も、債権者との間でトラブルの種になります。

遺産の範囲で争いがあると、遺産分割はできません。

調停や訴訟となり、手間と時間、費用が馬鹿になりませんので、故人が生前整理をしてわかるようにしておくことが大切です。