遺贈も贈与も、自己の財産を特定の人に与えるので似ているのですが、法的には異なります。

遺贈は遺言者の一方的意思表示で行うもので、効力は遺言者の死後に生じます。

これに対し、贈与は贈与者と受贈者の契約で成立し贈与者の生前に行われるのが一般的です。

ただし、贈与の中に死因贈与といって、贈与者の死後に効力を生じさせるものもあります。

生前贈与は相続対策によく使われますが、贈与税が高いことから、相続税と贈与税を比較し、その他の諸事情など総合的に判断して対策を行っていくのが良いと思います。