遺言者は、誰に、どれだけの財産を遺贈するかを自由に決めて記載することができます。

自分の財産を自由に処分できるのが、遺言書のメリットです。

 

ただし、遺言者が亡くなる前に、受遺者が先に亡くなっている場合は、当該遺贈は無効となります。

遺言を書く際に、受遺者のほうが先に亡くなる可能性がある場合は、受遺者が亡くなっている場合の遺産処分についても付け加えておくとよいでしょう。

もっとも、人の寿命はわからないものです。

自分と同世代か年長者に遺贈する場合には、配慮が必要です。