法務省が、相続手続きの簡便化を検討しています。

具体的には、現状は相続手続きの際に戸籍を収集して相続関係説明図を各金融機関や法務局に提出しますが、一度法務局に戸籍等を提出すれば、法務局が証明書を発行してそれで他の金融機関や法務局での手続きを行えるようにするようです。

各機関ごとに膨大な証明書を提出する必要がなくなります。

戸籍などは原本還付してくれる機関もありますが、それでも一度は原本を提出して還付されるまで待つ必要がありますので、手続きに時間がかかります。

施行されれば、相続手続に掛かる時間が短縮されるケースが増えるでしょう。

2017年5月施行を検討しているようですので、早期の実現に期待しています。