生前贈与は有効な相続税の節税対策ですが、現在は相続時精算課税制度といった、生前贈与と相続を通じた納税制度が設けられています。

具体的には、生前に贈与した財産の価格から2500万を特別控除して、税率20%で納税します。

相続が開始した際に、相続税額から納税した贈与税額を控除するのです。

対象となる贈与は、60歳以上の者から20歳以上の推定相続人である子・孫への贈与です。

年間110万円までの暦年課税制度が使えなくなりますので、活用する際は比較が必要です。