遺言書を作成する際、一枚の用紙に書ききれず、複数枚の用紙になることがあります。

その場合、特に義務といくわけではありませんが、やはり契印をしておくほうが作成者・作成時期・内容の同一性が担保されると考えます。

改竄等の恐れが少なくなります。

契約書等では必ず行われますので、重要文書では必須でしょう。

 

また、作成した後の遺言も、封入しておくほうが無難です。

勝手に開封されて中身を見られ、無用なトラブルを避けることができます。

誰かに見つかり、手を加えられても、痕跡が残りやすくなるでしょう。