公正証書遺言以外は、相続開始後に遺言書の検認手続が必要です。

しかし、相続人のうち誰も知っているものがいない場合は、検認手続は忘れられがちです。

誰か一人でも専門家に相談すればアドバイスを受けられますが、何ら紛争性がない場合には相続人間で協議が成立して遺産分割を済ませてしまいます。

円満相続はそれでいいのですが、分割協議に不満足な者がいた場合には、後から指摘される可能性があります。

検認をせずに遺言執行しても過料程度のペナルティですから気にしない人も多いですが、定められた手続の手順は踏んでおきたいものです。