通常は相続が開始すれば、相続人たちは遺産分割協議をして遺産の処分を行います。

が、遺産分割が禁止される場合があります。

まず、個人が遺言で遺産分割を禁止していた場合です。

遺産分割の禁止は遺言事項ですので、何らかの事情で分割を禁止したい場合は、遺言を作成すればよいでしょう。

ただし、5年までしか分割禁止はできません。

 

次に、相続人全員で合意した場合も、分割を禁止することができます。

ただし、紛争のの先延ばしになるような分割禁止は、あまり意味がありませんのでお勧めはしません。

 

最後に、審判等で家庭裁判所から分割を禁止される場合です。

相続人の範囲や相続財産に争いがあり、係争中で、財産の一部または全部の分割が禁止されます。