被相続人の財産の維持または増加に特別の寄与をした人に対して、本来の相続分とは別に、相続財産中から取得できるようにするのが寄与分です。

ご相談の中でよくあるのが、「自分は被相続人に尽くしたので、寄与分を認めてほしい」というものです。

お気持ちはわかるのですが、寄与によって、被相続人の財産形成の維持や増加があったという結果が伴っていなければいけません。

単に妻として夫に尽くした、子供が親孝行をしたというだけでは、認められません。

相続人間でもめる可能性があるケースなどでは、寄与の程度や財産形成についてきちんと立証しなければとても認められませんので、注意が必要です。