成年後見のセミナーを開催すると、必ずご質問いただきます。

法定後見制度の場合は、後見報酬は家庭裁判所が決めます。

任意後見の場合は当事者の契約ですので、報酬額も当事者で自由に定めます。

 

さらに気になるところが報酬額とのこと。

報酬額は家庭裁判所が本人の財産状況を鑑みて、決定します。

通常は1万~数万といったところですが、ご本人の財産に余裕がなければ報酬ゼロもあります。

ですから、生活できなくなるくらいの報酬額になることはありませんので、申立を恐れる必要はありません。